×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プラダスタイル

プラダスポーツ

プラダスポーツの靴

プラダスポーツやプラダの素材は、もともと上質な皮を使用して作っていたブランドでした。 しかしデザイナーが変わったことで、ブランドと違い、ナイロンの素材を使った気軽に楽しめるブランドに変化しました。気軽に楽しめる点で靴を紹介したいと思います。 カジュアルに靴はジーンズに相性がプラダスポーツ独特の赤いラインは足元をオシャレに演出してくれます。 靴ヒモとマジックテープが併用出来、メッシュが使われていているデザインは蒸れないように工夫までされています。このタイプのプラダのスニーカーはどこでも大人気で、直営店では廃盤のため手に入らない靴なので、見つけたら要チェックです。 デニムだけでなく、モードな着こなしにも似合い、スカートや清楚なイメージを演出してくれます。コーディネートが楽しくなる靴です。

プラダスポーツのバッグとポーチ

プラダスポーツとはプラダの洗練されたラインをそのまま受け継ぎ、日常を贅沢に飾ると言うコンセプトをシンプルにデザインしたプラダのセカンドラインです。バックの種類はボストンバック、トートバックなど、シーンに選ぶことが出来ます。 価格もブランドの中では高すぎない値段なので、購入しやすい点でも人気です。 プラダならではの丈夫で軽いナイロン素材のバッグは使いやすく、普段も十分使えるシンプルでオシャレなデザインです。ストラップの長さも自由に調節で斜めがけのスタイルなど、持ちやすい形に変えることが出来ます。旅行にも持って行くことが出来ますし、1つあるだけで使い方は様々ですよ。外側のフロントにファスナーポケットが1箇所、外側バックに開閉ポケットが1箇所、内側にもファスナーポケットが1箇所付いています。 ストラップ長さは67?128cmです。 撥水性と耐久性に優れた高機能なコレクションは、日々の生活をアクティブなものにしてくれるでしょう。 ポーチもデザインに作られています。ここでお勧めのポーチの紹介です。 カジュアルにもスポーツの時にもあわせることが出来る、プラダのポーチは小物を整理するタイプやシーンに選ぶことが出来ます。 ■プラダスポーツ ウエストポーチ ■型番 4VA107このポーチはウエストポーチに素材はナイロンで作られています。 開閉はチャックになっていて、外側上部にポケットが1箇所付いています。 黒素材に赤のプラダのロゴテーププラダスポーツのポイントです。 お出かけにもすばやく装着できる手軽さが嬉しい所ですね。ミニサイズのポーチなどもあります。

プラダの道のり

プラダの歴史は、1913年にプラダ創始者であるマリオ・プラダがミラノに皮革店をオープンさせたことが始まりとなります。マリオは一流品を集めました。銀器、皮革製品、クリスタル、また貝殻で出来たアクセサリーなどが上げられます。それらを素材とした鞄をつくり、イタリア王室の御用達になります。 その後、店を継いだのがルイーザ・プラダです。 倒産寸前にまで追い詰められることになります。 このスタートは再びファッションブランド界の前線に返り咲くおおきな一歩となりました。マリオの孫娘にあたるミウッチャ・プラダと、パトリッツィオ・ベルテッリが引き継いだことで事業は成功します。丈夫なバックを開発します。 そのバックは防水性にも優れ、ボコノを使ったバックが誕生しました。祖父マリオが旅行鞄に使用したボコノでしたが、ミウッチャは軽くてカジュアルなリュックサックなどの鞄を製作し、人気を得ます。 孫娘にあたるミウッチャ・プラダはミラノに生まれました。 1980年代、プラダのブランド名を冠した三角プレートが、プラダのシンボルマークとして広く知られるようになりました。 初期はゴールド・チェーンがついたバッグが流行し、現代はクロのトートバッグの人気が高く定番となっています。 1983年はシューズを開発します。 つま先やソールのラインに独特なデザインを施し、微妙な色合いの革を組み合わせたシューズは人気となりました。 ブランド名は子供時代の愛称から名づけられました。 ヨットのアメリカズカップで、プラダ号のセールになりました。 基礎化粧品はプラダのビューティラインとして発売されました。

Copyright (C)プラダスポーツ